- 目次 -
≪ ビーマニ生活 壱式 ≫
壱式_表紙 ★その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 番外編
PDF ←右クリックで対象をファイルに保存で、pdf版をダウンロードできます

≪ ビーマニ生活 弐式 ≫
弐式_表紙 ★第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 最終話



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   十一  福岡・Sota

土曜日。
今日は学校が終わってから落ち着かなかった。
いつもは決まってビーマニをしに行くのに、する気にもならなかった。
2時半にはガストに着いた。
あがったばかりの女の子が僕を見て話しかけてきた。

「あれ、宗太早いね」
「あ、お疲れ様です。あの、山岡さんまだ来てませんか?」
「え?今日はまだ見てないかなぁ」
「そうですか」

女の子は奥の更衣室に消えていった。
厨房から、うどん出来たよ~、と声が聞こえてきたので代わりに取ってきてあげた。
そのとき厨房を見たが、山岡さんはいなかった。

着替え終わった女の子が、サンキュー、と言ってうどんを食べ始めた。
とりあえず着替えることにした。
女の子に、あたしは無視かよ、と言われたが無視して着替えた。

気がつくと2時55分になっていた。どうしたんだろう、と思ったけど開始の時間になったのでフロアへ向かった。


午後9時。終了の時間になった。
社員に、あがっていいぞ、と言われたので、厨房に「きつねうどんお願いします」と言うとアサキさんに
「えー、いつものカツ揚げてっぞ」
と言われたので、じゃカツカレーで、と変更した。

控え室で着替えてカツカレーを取りにいったときアサキさんに山岡さんのことを聞いてみた。

「山岡さんいないんですか?」
「そういや今日いなかったな」
「休みですかね?」

不思議に思いながらも控え室に戻ってカツカレーを食べていると社員が入ってきた。
「お前はカツカレー以外は食べれんのか?」
「ここのうまいんですよ」
僕はこの人があまり好きでなかったから早々に会話を打ち切りたかったのだが、山岡さんのことが気になったので今度はこちらから話しかけた。

「あの、今日山岡さんどうしたんですか?」
「ああ、昨日辞めたよ。何か事情が出来たからって言ってたな」
「うっそ!」
「何でお前にウソつく必要あんだよ」

「え、何か言ってませんでした?」
「ああ、そういやお前に「ありがとう」て言っておいてくれって。お前らどういう関係だよ」
「は?」

どうして僕が山岡さんにお礼を言われるんだ。
話もろくに聞かずにひどいことを言っただけなのに。
僕は残りのカツカレーをかきこんで厨房へ皿を投げるように返して外へ飛び出した。

「きっとどっちかにいるはずだ」

僕は山岡さんが前にホームだと言っていたAsobit Cityの方へ向かった。

Asobit Cityへ着いた。
2階の音ゲーコーナーへ走る。
そこにはドラムをやっている人が一人いるだけ。
どこにも山岡さんはいない。
もしかと思って店内を走り見て回ったけど、やっぱりいなかった。

僕は一度もビーマニをせずに自転車に再び飛び乗った。
次はラウンドワンだ。

ラウンドワンまでノンストップでこぎ続けたから太ももがパンパンになっていた。
メダルコーナーを抜けて音ゲーコーナーへ走る。
一人ニット帽を被った人がビーマニをしていた。

「あの人だ!」

僕はそこへ向かった。

「山岡さん、すみませんでした!」

僕は後ろからでかい声で謝った。
その人は驚いて後ろを振り返った。
全然違う人だった。

「あっ!す、すみません」
ガシャーン。ハードだったので落ちてしまった。
その人がブツブツ言っている。

「すみません。ちょっと知り合いだと勘違いしちゃって」
百円を筺体に置いて、その場を去った。
一応店内を見て回りながら出口へ向かったが、他に山岡さんらしき人は見受けられなかった。

「まじかよ…」

僕は山岡さんに謝るチャンスを失った。(つづく)
スポンサーサイト
NEXT Entry
第10話
NEW Topics
第16話(最終話)
第15話
第14話
第13話
第12話
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
読んでいただいた方へ

同じビーマニプレイヤーの皆様からの、ご感想や、こんなことも自分はありましたよ~的なメールを24時間お待ちしています!
※メールアドレスの入力は必要ありませんので、お気軽にどうぞ
名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

bmlife

Author:bmlife
beatmania IIDX をこよなく愛する
1プレイヤーです。
ちなみに現在(RA)腕前は九段。
十段は遥か遠く…日々精進。
ここはbeatmania IIDXを題材にした自作の物語をUPしているサイトです。
自分の経験も入っていますが、基本的にはフィクションです。

-----------------------------
主な登場人物
  ~壱式~
・コウスケ(六段)
・ヨシタカ(七段)
・タカシ(八段)
・ナオキ(九段)
  ~弐式~
・宗太(八段)
・山岡さん(九段)
-----------------------------

壱式メンバーはみんな高校生ということで。
弐式からいろんな人が出てくる予定。。。
段位認定を巡るあれやこれやを書いていきます。

GOLDの頃の自分&友人達がモデルになっているので、時間軸がGOLD~TROOPERSになっています。
GOLDの頃の七段は
 1.rainbow rainbow
 2.Concertino in Blue
 3.smile
 4.THE SAFARI
で、八段は
 1.雪月花
 2.1st Samurai
 3.Scripted Connection⇒(H mix)
 4.gigadelic
でした。

参考図書,映画 etc:
beatmania IIDXシリーズ, KONAMI
DrumManiaシリーズ, KONAMI
pop'n musicシリーズ, KONAMI
Winning Elevenシリーズ, KONAMI
DRAGON BALL,(1)-(42) 鳥山明
DRAGON QUEST -ダイの大冒険,(1)-(37) 三条陸,稲田浩司
SLAMDUNK,(1)-(31) 井上雄彦
グラップラー刃牙,(1)-(42) 板垣恵介
ONE PIECE,(1)-+ 尾田栄一郎
天空の城ラピュタ, 宮崎駿
風の谷のナウシカ, 宮崎駿
フランダースの犬, ウィーダ
ドラゴンクエストシリーズ,ENIX
ポケットモンスター, 任天堂
ラストサムライ, トム・クルーズ他
笑点, 日テレ
水戸黄門, TBS

どうぞよろしくお願いします

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。