- 目次 -
≪ ビーマニ生活 壱式 ≫
壱式_表紙 ★その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 番外編
PDF ←右クリックで対象をファイルに保存で、pdf版をダウンロードできます

≪ ビーマニ生活 弐式 ≫
弐式_表紙 ★第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 最終話



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    六   埼玉・ko-sk

「おい、コウスケ。登録したか?」
「おう。ようやくな」

「登録」というのはビーマニ公式サイトに変わる新しいユーザー主導型ファンサイトのことだった。
これが出来た背景には公式サイトの使いづらさがあった。

特に曲別スコアを見るときや適当なライバル検索をするときに、その不満は集中していた。
このユーザーの不満はそこかしこのビーマニ板で議論されていた。

そこで大手ビーマニ板の有志が集まって携帯サイトに変わる新しいサイトが作られたのだった。
そしてその公開がつい1週間前に行われた。
名前は「ビートマニア・ツーデラックス・ターミナル」。

もうネット上では「ターミナル」という略称で呼ばれている。
SNSであるため、個人の性別や年齢、得意な譜面(階段・同時・乱打などの項目にチェックをつける。これがライバル検索のときに効いてくる)といったビーマニに関する詳細なことまで自分のプロフィールとして書くことが出来る。
mixiのビーマニコミュニティに独自の機能をつけたようなものだ。

素晴らしいのはスコア登録さえしておけば同携帯サイト(ターミナル・モバイル)でも同じように見ることができることだ。
バージョンを選べば曲名とノーマル・ハイパー・アナザーのスコアとランクが表示され、絞込み項目でランクA以下の曲だとか、アナザーでライバル○○に負けている曲(勿論相手のライバルもターミナルに登録しておく必要があるけど)といったことも出来る。

またライバル検索では、七段でハイパー勝率が7割以上のライバル、とかプロフィール項目で現在☆9ハード挑戦中とかいった条件のチェック項目によるライバル検索も出来る。
ネット上ではターミナル作成者たちは既に神と崇められ、本家コナミサイトはデータを公式に保存しておくだけのバックアップと化していた。

俺たちもようやくそのターミナルにスコアを登録したわけだ。
これを始めてからその日やった曲のスコア改訂が少し面倒になるだろうけど慣れれば大丈夫だろう。

「なあ、Sotaひっかかったか?」
ヨシタカのいきなりの質問に一瞬何のことだか分からなかった。
俺がよく分からない顔をしているとヨシタカが改めて言った。

「ほら、オレら共通にライバル登録してるSotaだって」
「ああ、わかった、わかった。あいつね。ライバル比較したときに出てこなかったらまだ未登録じゃないか?」
「やっぱりそうだよな。どういう奴か見てやろうと思ったのに」
「まぁ、ターミナル始まって一週間だし。そのうち登録すんだろ。ナオキは登録してたみたいだぜ」
「あのジャニーズ。手が早いな」
「俺スコア上がったけどアイツとの差はまだ広いな」
「その先にオレはいるがな」

ヨシタカの根拠のない自信はスルーして、そういわれるとSotaはまだ登録してないのかぁ、と思った。
俺たちと共通にライバル登録しているせいか Sota を身近に感じる。
もし、これもコナミの戦略だったとしたら俺は既に術中にはまっていた。


    七   福岡・Sota

「それじゃ、お先です」

いつものようにバイト先でカツカレーを食べて裏口から外へ出た。
駐車場には土曜の夜を楽しむ車がたくさん止まっていたが裏手に置く人は少なかった。
この場所は表通りから見えない為か、余程込まない限り車が止まることはなかった。

自販機でジョージアの微糖を買って、自転車傍の植え込みのふちに座った。
先週、山岡さんとビーマニをしてから丁度一週間が経っていた。
あれから山岡さんとは一度も会ってなかった。
勿論シフトが違うからだけど、そういえば今日は終わりが同じ時間帯ではなかっただろうか。

「やあ」
「うわっ!」
ふいに声をかけられてのけぞった。
おかげでこぼれたコーヒーが手についた。

「山岡さん!」
先週と同じ黒の皮ジャンとニット帽をつけていたからすぐ分かった。
山岡さんは僕が驚いたことに驚いた様子で言った。

「あぁ、ごめんごめん。今日はもう終わったんだろう?良かったら叩きに行かないかい?」
「あ、マジですか。いいですね、いきましょうか」

僕は急なビーマニの誘いに快諾した。
しかし途端に先週の飲み会の話が思い出された。

「よかった。じゃあ俺は車だから先に行っているよ。ラウンドワンでいい?」
「あ、はい。それでいいです」
「どうかした?Asobitの方でもいいけど、どうする?」
「いえ。ラウンドワン行きましょう」

山岡さんは、じゃまた後で、と言って車で先に出発した。
これでよかったのだろうか?
平日の昼も働いているんなら余計に土曜日は早く帰って娘さんと一緒にいてあげるべきなんじゃないだろうか。
なんでさっきその事を聞かなかったんだろう。

ビーマニ仲間が出来たのは嬉しいけど、それが原因でこんなモヤモヤに包まれるとは思ってなかった。
コーヒーはぬるくなってしまっていた。
それを一気に飲みほして、とりあえずラウンドワンへ向かった。(つづく)
スポンサーサイト
NEXT Entry
第6話
NEW Topics
第16話(最終話)
第15話
第14話
第13話
第12話
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
読んでいただいた方へ

同じビーマニプレイヤーの皆様からの、ご感想や、こんなことも自分はありましたよ~的なメールを24時間お待ちしています!
※メールアドレスの入力は必要ありませんので、お気軽にどうぞ
名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

bmlife

Author:bmlife
beatmania IIDX をこよなく愛する
1プレイヤーです。
ちなみに現在(RA)腕前は九段。
十段は遥か遠く…日々精進。
ここはbeatmania IIDXを題材にした自作の物語をUPしているサイトです。
自分の経験も入っていますが、基本的にはフィクションです。

-----------------------------
主な登場人物
  ~壱式~
・コウスケ(六段)
・ヨシタカ(七段)
・タカシ(八段)
・ナオキ(九段)
  ~弐式~
・宗太(八段)
・山岡さん(九段)
-----------------------------

壱式メンバーはみんな高校生ということで。
弐式からいろんな人が出てくる予定。。。
段位認定を巡るあれやこれやを書いていきます。

GOLDの頃の自分&友人達がモデルになっているので、時間軸がGOLD~TROOPERSになっています。
GOLDの頃の七段は
 1.rainbow rainbow
 2.Concertino in Blue
 3.smile
 4.THE SAFARI
で、八段は
 1.雪月花
 2.1st Samurai
 3.Scripted Connection⇒(H mix)
 4.gigadelic
でした。

参考図書,映画 etc:
beatmania IIDXシリーズ, KONAMI
DrumManiaシリーズ, KONAMI
pop'n musicシリーズ, KONAMI
Winning Elevenシリーズ, KONAMI
DRAGON BALL,(1)-(42) 鳥山明
DRAGON QUEST -ダイの大冒険,(1)-(37) 三条陸,稲田浩司
SLAMDUNK,(1)-(31) 井上雄彦
グラップラー刃牙,(1)-(42) 板垣恵介
ONE PIECE,(1)-+ 尾田栄一郎
天空の城ラピュタ, 宮崎駿
風の谷のナウシカ, 宮崎駿
フランダースの犬, ウィーダ
ドラゴンクエストシリーズ,ENIX
ポケットモンスター, 任天堂
ラストサムライ, トム・クルーズ他
笑点, 日テレ
水戸黄門, TBS

どうぞよろしくお願いします

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。